<   2014年 11月 ( 4 )   > この月の画像一覧

マザー

この世界は母性によって
成り立っている。
この世界は母の愛の
現れである。

私達が母親無くして
ここに存在しないように。
この世界は母無しでは
存在しない。

これからの時を
母性は開く。

母性無くして
愛は無く
母性無くして
我々は居ない。

母性を知らなければ
片手落ちである。

母を知り、
愛を知る。

この世界、
我々自身。

その存在理由が
それによって明かされる。
[PR]

by mikokoro-org | 2014-11-26 01:13

神とは。

神とは、
人の観念が創り出したものである。

では、神は存在しないのか?
いや、圧倒的な存在がそこにはある。

しかし、それを誰かが体験したとして、
それを表現すると、
その後、それは観念となる。

神とは、観念を超えた存在であり、
それは観念で捉える事は出来ない。

それは知識ではなく、
観る体験である。

もちろん、
観るとは見ることではない。

何故ならば、その体験において、
見るものは無く、

彼を見るのは
彼自身だからである。

そして、これを語ると、
これはまた、観念となる。

よって彼を表現する事は
不可能となる。

全くもって、それを知るのは
それを知る者のみである。
[PR]

by mikokoro-org | 2014-11-21 20:53

愛の魂

頭の理解ではなく、
魂の理解が重要である。

魂の理解とは、
魂が解き放たれる体験であり、
それは、一切の理屈を覆す。

真の愛に触れるのも、
真の叡智に触れるのも、
そして、真の実在者に出会うのも。

これらは全て、
神秘的な体験である。

日常的な意識に囚われながら、
頭で理解することとは、
全く次元を異にする。

私達は頭の理解で生きてきている。
しかし、起こることは、
頭の理解を超えている。

そして、しばしば混乱する。
何故ならば出来事は
コントロール出来ないからである。

にもかかわらず、
我々はそれを頭で再び理解しようと
務める。

しかし、それは理解されることはない。
何故ならば、
出来事とは我々の理解を超えた所で
起こっている計画だからである。

そして、それを理解するまで、
私達は混乱し続ける。

しかし、全ての出来事には
明確な目的がある。

それは愛である。

愛という目的の為に、
愛は、愛を行う。

愛が源であり、
愛が私達を生かす。

愛が全てであり、
愛が私達に経験を与える。

この宇宙には愛しか無く、
私達の存在もまた愛である。

その愛によって
全てが必然的に回っていると
知るならば、

私達は永遠の命を得る。
[PR]

by mikokoro-org | 2014-11-04 22:34

絶対なる者

選択肢がある限り
正しい選択を求める私達は、
ループし続ける。

唯一絶対なる者が存在している。

唯一なる者は
唯一であるが故に、
一切の選択を超える。

そして、全ては終焉する。

我々のループを終わらせる、
絶対なる者が存在している。
[PR]

by mikokoro-org | 2014-11-01 01:10