瞑想

瞑想とは足を組んで座る事ではない。

瞑想とは1日の全ての時間に渡って浸透する
精神の力である。

常に意図と気付きが目覚めている。
その様な意識の状態を瞑想と呼ぶ。

瞑想とは作為的なものではなく
自動的なものであり
その根源は恩寵から来る。

一元的か二元的かは問題では無い。
何故ならば、それはそれの意志だからである。

その意志を超えてなにかが我々に
起こる事は決して無い。

我々の日常も、そして非日常も
その意志によって起こっている。

頭で理解する事は不可能だ。
筋が通っているかいないかではなく、
ひたすらその意志の活動だけが存在している。

瞑想とはその意志により
その意志の結果として生じるものであり、
これは我々の努力願望を完全に超えている。

もし、瞑想が我々に起こっているならば
途轍もなく幸運なことである。

その目覚めと共に日々が在るならば
我々は実に恵まれている。









[PR]

by mikokoro-org | 2018-01-12 00:25