マントラヨーガ

マントラヨーガは、あらゆる宗教で実践されている内的能力を開花させる修道方法です。
主に、マントラヨーガでは、数珠を使い、神の御名を唱えるのが一般的です。
インドでは、数珠を右手に持ち、手首から先を布などで覆い、手元を隠して静かに実践します。日本では、真言宗が衣の内側に数珠を隠して実践します。
チベットでは、主に左手で数珠を操りますが、手元を隠すということはせず、人前でおおっぴらに念誦します。イスラム諸国もチベット同様で、老人達は昼日中にチャイハネに座り、チャイを飲み、水パイプでタバコをやりながら、神の御名を唱えています。
これだけ、多くの国で宗教を超えて実践されているこのマントラヨーガですが、これは実習者にとって最も強力な実践方法です。
もちろん目的は神の恩寵を受けることですが、そのメカニズムが凄いのです。
マントラヨーガをしばらく続けていると、(これをインドではジャパといいます)自動的にマントラのリピートが起こるのです。
私が本格的なジャパの修行をしたのは20才の頃でした。それまでも、師から頂いたマントラを唱えてはいたのですが、チベットの修行に入ると、チベット人があまりにも普通にマントラを唱えているのを見て、いつの間にか、私自身も、チベット人の様に、日がな一日数珠を繰って過ごすようになりました。また、その頃の師サキャ・ティチンから、幾つかのイニシエーションを受け、毎日唱えなければならないマントラが増えてしまったこともあり、一日中マントラを唱えながら過ごしていました。毎朝早朝に勤行を行い守護尊のマントラを1万回ずつ唱え、さらに、一日中唱え続けました。きっちり座って集中しながらのジャパは、毎朝の一万回でしたが、これをカウントして、100日あまり続け、100万回に達したころ、ある変化が意識に起こりました。マントラをわざわざ唱えなくても、自動的にマントラが繰り返されるようになったのです。こうなると、マントラを唱える努力をしなくても、一日中マントラが意識下で繰り返されているようになるのです。また、夜寝ている時もそれは繰り返され、ふと目を覚ますと、マントラだけが鳴り響いているのです。時には夜中に真っ暗な部屋の中に本尊が浮かび上がっている幻が出現したり、頻繁に予知夢などを見る様になりました。
こんな毎日を送っていると、前に書いた、意図という意識の持ち方が自然と出来るようになります。
かくして、行者とマントラが一体化してくると、何をしていても、意識は常にそこに置かれるようになります。この状態こそが、恩寵を受け取る準備が出来上がるひとつの方法となります。
私達の意識が進化(実は進化は無いのですが…)するためには聖なる恩寵を必要とします。そして、その恩寵を受けるために必要な事は、恩寵の源が現実とならなければならないということです。恩寵の源が、現実でなければ、恩寵という現実は起こりようがないからです。
そして、その源を現実とするために様々な修行が存在している訳ですが、自己を啓発する目的で行われる修行は、エゴに元ずいているため、その果が得られるには時間がかかります。そのエゴそのものと取り組まなければ、一歩も先に進めないからです。
しかし、この恩寵の源に集中する方法ならば、主体が自分ではなく恩寵の源なので、効果が早いのだと考えられます。
それが、ジャパヨーガの優れたところであり、世界中で実践されている所以だと思います。
[PR]

by mikokoro-org | 2013-10-27 00:23